*

趣味のものでも特許を取得しておこう

あなたの趣味がビジネスに繋がるのならとても素敵なことです。

誰にも負けないものがあり、誰にも作り出せないと自負するものがあれば、実用新案権など特許を取得しておいたほうが良いかと思います。http://spring-pat.com/ならどれくらいの費用がかかるのかも、どのような種類の権利申請ができるのかがわかります。

始めに取得しておくと類似したものを依頼すると、もう既に実用新案権が出されていることから却下されてしまいます。つまり、あなたが創りだしたものが優位であり、もしも同じものをつくろうとするなら、あなたから権利を買ったり、作っていいですよという許可を得てロイヤリティをいただくことが可能なのです。

つまり、あなたが申請を出して権利を持っているなら、作らなくてもいいですし、販売するために動かなくてもお金が入ってくる仕組みが勝手にできるというわけです。

爆発的に売れるものなら他にも作ってよいか問い合わせが来るかもしれません。その時は考えるのです。独占して作ってもらう会社を決めてロイヤリティを高く設定し直すか、同じ価格でライバルにも作らせるかという方法があります。ロングセラーとなるものなら1社で扱ってもらったほうが良い場合もありますし、管理が煩雑になることはありません。

趣味のものならどのようなものがあるのでしょう?

自転車の汚れが簡単に落ちる発明アイテム、というのもありますし、現在販売されている簡単組み立てテントよりも楽で頑丈なものを作るというのもあります。不便さを感じた結果作り出されたものが爆発的ヒット商品となる可能性があるのです。



コメントする