*

日記

恋愛中に起こりがちなトラブル

自分の言いたいことだけを飽き飽きするほど話し続ける男性はただのお馬鹿さん。状況を見ていつであっても話を聞いてもらうのがうれしいな女性に話を向けることが大切。
二人のキスの時間が短ければ心変わりの証拠と言っていい。どんな言い訳をしても、体はそうはいかない。ウソかな?と思ったら言葉を選びながら本当のことを確かめてみるのがおすすめ。
言うとおり現実的に深呼吸して考えれば言うとおり絵空事かもしれない。しかしながら、そうなってとか、現実的ではないと本当はわかってても本心から叶うと思うのが恋愛に違いない。
男は、コミュニケーションをうまくとることが下手な場合が普通女性を「からかう」行為を、無意識で選んでしまっている。つまり、意識せずにからかうことでコミュニケーションをうまくとることができない異性との接点ができるようになる。
二人で出かけた際、帰りは、引っ張りたくてもぐずぐずせずに、別れたくないはずの時間帯であえて離れることになれば、次のチャンスもきっと楽しく会いたいと思わせることが少なくない。
ギブアンドテイクの関係は長期間継続すると期待して間違いない。多くの人間は「私だけが大切にされている状態はさけたい」とすることがしばしばある。言い換えるならば、「受けた恩はどうしても返したくなる」ということである。
恋するときはウソはつきたくないと思っている。場合によっては心の底からの恋のための嘘ということもあるのだ。悪気のないウソは反対に嘘をつかれた彼(彼女)を幸福にさせることがふつうである。



友情から恋愛へのステップ

いかなる方法で優しさ、癒し、包容力といった"女性らしさ"を好意のある男性に伝えるのかが最低限の条件であり、全てを満たすといってもいい。男性に魅力的に感じてほしい女性に男はほれてしまう。
恋愛をする女性にとっては非常に大切である生活の堅実な設計でなければならない。これは男性が一生をかける進むべき道なり職業なりを選択するほどに真面目に男性を選別しなければならない。
恋をしていて夢中なときには節度というものができない人が少なくない。そういうことなので、冷静な判断がぶれることなくできる場合であれば真実の恋をしてはいない関係だという根拠なのである。
男性よ聞け、女を自ら守りたいと考えるなら、必ず女性の右側にいる以外にない!人間という生き物ははとっさに守りたいと思ったとき、左手が一番に動き始められるという特徴に頼るためだ。
その息吹に触れたとたんすべてをかけがえのないものに変えてしまう、不思議な愛の魔法ということ。まさに、豊かな光でどず黒い雨雲であっても素晴らしいものに変えてしまう輝く星みたい。
笑顔で微笑む。すると、相手を自分の彼女にしたいという心を控えめに分かってもらえることになる。惚れている相手にもその気持ちを知らせることになり、自分のことが気になり始めるでしょう。
マンネリにならないようにする妙案について。その策は、共同作業の中にある。共通の目標を持ち、それを達成できた時に、二人でやり遂げたという興奮が肝心です。
心配りの精神のベースはかけがえのない方にいかにして笑顔になっていただけるかを想像することとまったく同じです。つまり、もてなしは恋愛と同じと結論付けられます。
親しくなりたい人に告白するときは好意を持った理由の整理が肝心なのです。「~なので、好き」というふうな理由をはっきりとできれば、さらに説得力および真実性が高まるわけです。