*

2014年11月

ブリー隊長でノリノリ

小学生と幼稚園の息子は妖怪ウォッチが大好き。特に小学生の息子は妖怪メダルの収集にはまっています。10月29日にアニメのエンディングテーマ曲の「ダン・ダン・ドゥビ・ズバー!」が発売され、それに初回特典としてブリー隊長のメダルがついているため、息子は自分のお小遣いで購入しました。CDなんて普段聴かないでしょ、と言っても、メダル欲しいから絶対買う!とききません。メダルのために2000円も出してCDを買うなんて、メダルがついていなければ絶対買わないのに~と歯がゆく思いつつ、自分の小遣いで買うんだからまあいいか、と思い直しました。CDが届き、早速CDプレイヤーへ。CDプレイヤーを使うのは久しぶりです。息子二人はノリノリで曲に合わせて踊っています。幼稚園の息子が特にノリノリで、自分で考えた変な踊りを披露しています。小学生のお兄ちゃんはすでに飽きて違う遊びをしているのに、幼稚園の子はもう一回かけて~とせがんできます。次の日もまたこのCDで踊っていました。お兄ちゃんより、弟のほうがこのCDを楽しんでいるみたいです。全国の脱毛サロン評判キャンペーンナビ

ロッキー祭り!

先日テレビで映画「ロッキー」シリーズ一挙放送という企画をやっていて、やることも無かったので自分もぶっ通しで鑑賞。 ロッキーシリーズが大好きで、過去にも一体何回見たのか数えきれない程見ていますが、何回見ても興奮してしまいます。 もちろん、もうストーリーも分かっていて結末も知っているにもかかわらず、やはり試合のシーンでは心の中で「ロッキー!」と絶叫してしまう自分。 この光景を見て女性の方からは理解出来ないようで、冷めた視線で見られますが、ロッキーには女性には分からない「男の美学」を感じる所があるのです。 にしても、こうやってシリーズを一気に見て改めて感じてしまうのは、「ロッキー5」がいかに駄作だったかということです。 ロッキーファンにはとっては「5」は完全にスルーしている人も多いはずでしょう。 長年そういう思いがあっただけに「ロッキー ザ ファイナル」でファン納得の終わり方だったことが救いでした。 果たしてこれからの人生、あと何回ロッキーを見るのだろうか? 太陽光発電ギラギラステーション

寒くなってきた

半袖から長袖に変わり、分厚いソックスを履くようになってきました。 そうなってくると、そろそろ今年も終わりに近づき来年が向かってきているなと感じるようになってきます。 なので、来年の手帳を購入してきました。 私は、こだわりの手帳でなくてもいいので近所の100円ショップの手帳を買ってきました。 100円ショップだからといって侮ってはいけません。最近のものは種類も多く可愛くて機能的な手帳が増えてきてとてもいいです。 私も、お店でどの手帳にしようかと結構な時間悩んでいました。 手帳を買うと来年はどんな楽しいことが待っているのかな、どんな素敵な人と出会えるのかなと心が弾みます。 私がまず手帳に書くことはその年の自分のテーマと目標や、やりたいことを箇条書きにします。 そうすると、手帳を見るたびに楽しいことを思い浮かべるのでとてもいいですし、目標も忘れなくていいです。 これからも、もっと手帳をうまく使って、自分の未来をよりよいものにしていきたいです。キャッシング・カードローンならaksファイナンス