*

2014年5月

フラッシュモブを実現するために

結婚式のフラッシュモブを実現するための方法を考えています。
でも、ダンスとかやるなら、
自分たちだけでは難しいのかなと思いました。

フラッシュモブ札幌とか、
こういう専門的なところに相談してみると良いのかなと思いました。

どういう手順でやれば良いのかも良く分からないので、
しっかりとやってみたいと思います。

どうにか、上手くできると良いと思っています。
面倒な段取りみたいなものはすべて任せる事が
出来たらありがたいと思っているのですが、どうなるでしょうか。

参照:marriage-wedding.com/material/020.png


サプライズ感

結婚式で、フラッシュモブのサプライズを考えていますが、になるのは、費用です。

やっぱかなりのサプライズ感は出ますが、高いですからね。

wedding_chapel.png
参照:3.bp.blogspot.com/-FpMc_TjBE6s/UYG5PJBtXqI/AAAAAAAARBQ/DZ0OwkCd-jI/s600/wedding_chapel.png

大阪で式をあげようと考えていますが、
式場選びもいろいろと悩みます。



でも、一度のことなので楽しみながらやりたいとっています。
多少お金をかけても、記憶に残る結婚式にしたいです

そのためにいろいろ必要な事があるなら、一生懸命頑張りたいと思います。



趣味のものでも特許を取得しておこう

あなたの趣味がビジネスに繋がるのならとても素敵なことです。

誰にも負けないものがあり、誰にも作り出せないと自負するものがあれば、実用新案権など特許を取得しておいたほうが良いかと思います。http://spring-pat.com/ならどれくらいの費用がかかるのかも、どのような種類の権利申請ができるのかがわかります。

始めに取得しておくと類似したものを依頼すると、もう既に実用新案権が出されていることから却下されてしまいます。つまり、あなたが創りだしたものが優位であり、もしも同じものをつくろうとするなら、あなたから権利を買ったり、作っていいですよという許可を得てロイヤリティをいただくことが可能なのです。

つまり、あなたが申請を出して権利を持っているなら、作らなくてもいいですし、販売するために動かなくてもお金が入ってくる仕組みが勝手にできるというわけです。

爆発的に売れるものなら他にも作ってよいか問い合わせが来るかもしれません。その時は考えるのです。独占して作ってもらう会社を決めてロイヤリティを高く設定し直すか、同じ価格でライバルにも作らせるかという方法があります。ロングセラーとなるものなら1社で扱ってもらったほうが良い場合もありますし、管理が煩雑になることはありません。

趣味のものならどのようなものがあるのでしょう?

自転車の汚れが簡単に落ちる発明アイテム、というのもありますし、現在販売されている簡単組み立てテントよりも楽で頑丈なものを作るというのもあります。不便さを感じた結果作り出されたものが爆発的ヒット商品となる可能性があるのです。


バトミントン

今日はフォンダンショコラ第二弾つくった。

そして100均でバトミントンとか いろいろかって夕方から バトミントンとバレーと縄跳び。

最後に狭山池はしってなかなか アクティブでした。

バトミントン8.jpgのサムネール画像

参照:www.club-satte.org

バトミントンとかテニスとかのラケット使う競技得意だけど、バレーは死んでる。

バトミントンは気軽にできるから楽しい。

風には弱いけどね。

暖かくなってきたし、また週末も友達誘ってバトミントンしようかな。

このブログにもバトミントンのことが書いてあったよ。

http://f7oxvlm0.blog.eonet.jp/

バトミントンに興味ある人はぜひ見てくださいね。

慣れないな〜

ネットニュースでインターネットエクスプローラーの問題をみて、大丈夫だろうと思いつつも、しばらく様子を見るためにグーグルクロームから繋げることにしました。お気に入りブックマークをどうすればいいのかなとか、使い慣れないものだから苦労しますね、これは。お気に入りブックマークはどうにか解決、次にいつも使っている楽天ツールバーもインストールしてみました。履歴はどこで見るのかな?縮尺はどうするのかな?といじり倒していたら、あっという間にバイトに行く時間になっちゃった。毎日使っていれば、きっと使いやすさとか便利さっていうものも気づいていけるのかな?IE問題が解消されたら、やっぱりIEに戻すと思うけど、それまでの間は出来るだけ快適にとがんばってみよう。ミュゼ 200円

恋愛中に起こりがちなトラブル

自分の言いたいことだけを飽き飽きするほど話し続ける男性はただのお馬鹿さん。状況を見ていつであっても話を聞いてもらうのがうれしいな女性に話を向けることが大切。
二人のキスの時間が短ければ心変わりの証拠と言っていい。どんな言い訳をしても、体はそうはいかない。ウソかな?と思ったら言葉を選びながら本当のことを確かめてみるのがおすすめ。
言うとおり現実的に深呼吸して考えれば言うとおり絵空事かもしれない。しかしながら、そうなってとか、現実的ではないと本当はわかってても本心から叶うと思うのが恋愛に違いない。
男は、コミュニケーションをうまくとることが下手な場合が普通女性を「からかう」行為を、無意識で選んでしまっている。つまり、意識せずにからかうことでコミュニケーションをうまくとることができない異性との接点ができるようになる。
二人で出かけた際、帰りは、引っ張りたくてもぐずぐずせずに、別れたくないはずの時間帯であえて離れることになれば、次のチャンスもきっと楽しく会いたいと思わせることが少なくない。
ギブアンドテイクの関係は長期間継続すると期待して間違いない。多くの人間は「私だけが大切にされている状態はさけたい」とすることがしばしばある。言い換えるならば、「受けた恩はどうしても返したくなる」ということである。
恋するときはウソはつきたくないと思っている。場合によっては心の底からの恋のための嘘ということもあるのだ。悪気のないウソは反対に嘘をつかれた彼(彼女)を幸福にさせることがふつうである。